旦那の給料について

旦那の仕事は携帯の仕事をしています。
4、5年前に親会社が変わってから給料体制や福利厚生がかわり、かなり給料が減ってしまいました。
おまけに、国民の祝日は休みだったにもかかわらず去年から出勤に変わってしまいました。
土日も販売応援やら行かされてるのにもかかわらず、給料は増える所か、減らされる一方にあります。
特に、我が家は転勤で地方に来て家賃を会社負担になってはいるんですが、その家賃負担で他の人より優遇されてるとかの理由により給料が減らされてると知り、なら転勤などさせなければいいのにと会社に対してのやり方に不服な点もあります。
子供も私立幼稚園に通っており、何かとお金もかかり私も働こうかなと思ってはいるんですが、なかなか時間帯が合う仕事がありません。
旦那もいくら頑張って利益を上げたとしても不当な理由によって給料までが減らされ、ボーナスも給料より少ない状態が続く状態が続くとかなり辛いものがあります。
このようなブラック企業はどう対処していったらとおもってしまいます。
どんなに頑張って働いても会社のやり方でお給料が減らされる現状があるとの事はしかないのかも知れません。今日お金借りるにはどうしたらいいか迷いますよね。
このような方は他にもいるのかもしれませんが、お給料が少ないと家庭にも亀裂が入ってしまう

整理整頓で節約できる!

節約というと、どうしても「欲しいものを我慢」してお金を貯めるイメージで、どちらかというとストレスがつきものであるように思われています。ですが、節約とは本来、「ムダな出費を抑えて必要なものにお金を掛ける」ことです。この、「ムダな出費を抑える」ということが、簡単なようでとても難しいのです。それは、日々の生活習慣の中で、ムダな出費があったとしてもそのことに気付かなかったりするからです。

そこで、一度家の中を整理整頓してみてください。整理整頓とは、それこそ家の中の要らなくなったもの、すでに使えないものを手放し、現在必要なものだけを厳選して置いておくことです。すると、自分でも忘れていた「こんなものがあったんだ!」といったものを把握することが出来、尚且つ不要品にも一度目を通すことで、家の中に何があるかを把握することが出来ます。この行程を通してダブり買いを防ぐことができますし、「あるもので何とかしよう」という気持ちが芽生えます。そして、物を大事にしようという気持ちも同時に芽生えます。これがとても大きな節約につながるのです。今まで何となく寄った100円ショップで購入した、似たようなものに気付くことができますし、自分の傾向にも目が向きます。ぜひ、おためしください

予算-使った金額=貯金(おつり)

我が家の貯金が遂に底をつきました。旦那の病気、車2台の車検や家電の故障による買い換え等今年は出費が大きすぎて日々頭を抱えます。せめて軌道に乗るまでは節約を、と色々試してみて数ヶ月続いている節約方法を教えます。
毎日買う缶コーヒー。1本100円程です。これを買うのをやめたら約3000円浮きますが(1ヶ月30日計算)朝の始まり、休憩の一息にかかせないものでなかなかやめられない。でもやめました。何をやめたか、自販機で買うのをやめました。自販機で買うより安く売っているお店でケースで買い、毎日持参することにしました。そして1ヶ月自販機で買い続けた場合の金額からケースで買った金額の差額を貯金します。活用できるのは缶ジュースだけではありません。買い物へ予算5000円で行くとします。実際買い物へ行ったら5000円でお釣りが返ってきました。そのおつりも貯金へ回すなど、自分がたてた予算で返ってきたおつりは貯金するようにしました。もともと使うだろうと立てた予算なので貯金に回してもさほど家計が苦しくなることはありませんしこの方法に慣れてくるのか5000円だった予算を4500円に、と元の予算を下げることもできるしその分無駄遣いも減りました。毎回できる貯金は微々たるものですが貯金が底をついた今、少しでも手元に貯蓄があると思うとまたがんばろうと言うモチベーションもあがります。この微々たる貯金が山になるまでこれからも節約を続けていきたいと思います

リボ払いは何も考えずに使うと危険

私は今年の2月頃に初めてリボ払いを利用しました。
ゲーミングパソコンがどうしても欲しくてモニターやマウス、キーボードと一緒にまとめて購入します。
合計はたしか18万円くらいで今もその支払いをしているのですが、最初はお金を使わないようにしていれば余裕だろうと思っていたものの、なんだかんだでお金は色んなところでかかるしストレス解消でついつい買い食いもしてしまいほんのわずかしか減っていません。
それに私が使っているリボ払いはローンが20万円に達しなければいくらつかっても月々の基本料金5000円+手数料2000円余りなのでついついお金を使っても大丈夫な気分になってしまいます。
なるほど、ネットでリボ払いはかなりの悪評を集めているのですが、たしかに何も考えずにいたらいつまで経っても返せず借金が溜まって行ってしまい、将来的には破産するしかなくなるでしょう。
なので私はとにかく節約し、どうしてもまとまった金額を使わないといけない時は別のクレジットカードを使い、もちろんそれはリボ払いを利用しません。
そして貯金やソフトウェアの技術の習得に勤めて収入アップ、そしてリボ払いからの脱出を目指しています。
リボ払いはたしかに危険なのですが、お金がない人間がパソコンなどの仕事道具を買うのには便利なので必要悪ではないかと私が考えているのでした

スーパーの割引を活用して

我が家の節約術として、買い物に行く際には割引のシールなどが貼られている商品を買うように心がけています。期限間近になると、結構値引きされている商品が多いです。そこを狙って、通常の値段よりも安い価格で商品を購入することができます。しかし、買いすぎてしまうと期限切れになって使えなくなってしまうこともあります。多少の期限切れであればそのまま使うのですが、衛生的に厳しい時は捨てることになり、勿体無いことになってしまいます。それを防ぐためにも、割引の商品を買う時は必ず計画を立てて買うようにしています。安いからと言って一気に買いすぎるのではなく、その日使うものを中心に買っていきます。おつとめ品があれば、その材料を使ったメニューをその場で考えます。またお肉などの衛生的に気になる商品は一点に絞ります。次の日にまた必要であれば、割引されているお肉を買えばよいのです。何度もスーパーに通う必要がありますが、その方が私としては得をした気分になります。そして、割引の商品は必ず計画的に使うことをおすすめします。気がついた時には期限を過ぎていることが多いので、お家にいる時にでもいいので、必ず何があるのかを把握しておくことが大切です。